カウンセリングポリシー

Share Button

カウンセリング、キャリアコンサルティングの利用をご希望の方は、相談サービス、カウンセリング・心理療法・キャリアコンサルティング、面接指導(以下、カウンセリング)が適切に行われるために、この文書に書かれていることをご理解、同意の上でカウンセリングをお申し込みください。

・カウンセリングをお休みまたはキャンセルされるときには事前に連絡をとり、次回の面接の確認を必ずしてください。

・カウンセリングのキャンセル料につきましては、当日のキャンセルの場合、あるいは連絡なしのキャンセルにつきましては、カウンセリング料金の100%を請求させていただきます。

・カウンセリング料金は利用時間(カウンセラーの時間)に対してお支払いいただくもので、カウンセリングの内容やカウンセリングに伴う成果に対しての料金ではありません。

・Colorfreeeは医療機関ではありませんので、カウンセリング料金は医療保険ならびに医療費控除の対象とはなりません。

・カウンセリングへの参加は利用者自身の意志と責任において決定してください。

・カウンセリングの成果を効果的にあげるために、利用者はカウンセリングに必要なすべての情報のご提供をお願いいたします。

・面接の継続中に、利用者は様々な重要なことを決めなければならない場合があるかもしれません。利用者が考えうる決定について面接では話し合いがなされますが、最終的な決定とそれに基づいた行動の結果に対する責任は利用者本人に帰することをご理解ください。

・カウンセリングを終えるのは利用者の自由です。ただし、その場合には必ずカウンセラーとの相談の上でお決めください。

・カウンセリングの性質上、利用者本人の希望であってもカウンセリング記録自体は、カウンセリング中ならびにカウンセリング終了後においても開示できません。

・ 利用者に重大な約束違反があったり、多大な迷惑をカウンセラーにかけるようなことが生じる、あるいはカウンセリングの継続が不適切とされるような事態が生じた場合は、以後のご利用をお断りすることがあります。

・カウンセラーと利用者がすでに別の状況で人間関係がある場合、カウンセラーは利用者をクライアントとして受け付けないことがあります。

・利用者が未成年者の場合には、保護者の許可・同意書への同意が得られない場合にはお断りさせていただいております。

【利用者のプライバシーの保護】

・守秘義務に基づき、利用者のカウンセリング内容は厳守されます。利用者の同意がない限り、他の人に利用者の個人的な情報を知らせることは原則としてありません。ただし、以下の項目に該当する場合、利用者や他の人を守るために、適切な人または他の機関に知らせることがあります。

・現在利用者がカウンセリングの内容と関係ある相談や治療をほかの機関や医療施設で受けている場合、担当カウンセラーが主治医と連絡を取ることがあります。

・法に従って証言の義務が課せられる場合や、利用者自身や他の人に重大な危険が及びそうな場合など、カウンセラーが必要だと判断した場合には、利用者や他の人を守るために適切な人または機関に知らせることがあります。

・利用者が不慮の事故にあわれた場合でも、利用者の前もっての書面による同意がないかぎり、ご遺族にカウンセリングの内容を明かすことはありません。同意書をお書きになりたい方は、担当カウンセラーにお申し出ください。

・守秘義務につきましては、ホームページ上に記載のあります個人情報保護規定を読んだ上、ご理解ください。