補助金申請書の書き方がわかるようになる!7月9日シニアタックスプランナー講座のお知らせ

Share Button

皆様こんにちは!

自分で補助金申請ができるようになる!「シニアタックスプランナー講座」7月開催分のお知らせです。

開催日:7月9日 10:00〜17:00に開催いたします!

お申し込みはこちらから!
宜しくお願いいたします。

http://www.reservestock.jp/events/131133

【シニアタックスプランナー養成講座】

<ご提案>

税金にはマイナスのイメージがつきものです。
「高い」「無駄遣い」「苦しい」etc・・・。
どう使われるか分からないし、できれば払いたくないというのは本音でしょう。
ここで、一つの提案したいと思います。
「ご自身の経験や知識を活かして、税金をより良く使ってみませんか」

これは、考え方などではありません。
実際に行うことができます。
そのためのノウハウは全てこの講座に収めました。

〜そろそろ、税金を使おう〜

税金は自分の意思で使うことができます。
それは、国の進む道を自分で決めるということでもあります。

<対象者>

・補助金の基礎を学びたい方

自社の補助金申請をしたい方

<講座の特徴>

①補助金の基礎を座学で学ぶ

②自社・自身の補助金申請書を実際に書いてみる

③初心者でも取り組みやすいカリキュラム

<受講料>

32,400円(税込み)

<講座カリキュラム>

講師 自己紹介

Lesson 1 ~ Lesson 6 … 座学

Lesson 7  … ワーク中心

~ 休憩 ~

Lesson 7 … 座学中心

Lesson8 ~ Lesson10 … ワーク(補助金申請の練習)

~ 休憩 ~

Lesson11 … 模擬試験(20分)

自己採点

Lesson12 ~ Lesson 13 … 座学

修了証授与

集合写真撮影

~ 休憩 ~

「シニアタックスプランナー」認定試験(30分)

アンケート

今後のお手続きのご説明

<point :受講後の進路>

シニアタックスプランナーに合格された方は、次のステップへとすすめます。

<アドバンスドタックスプランナー養成講座>

クライアントや見込み顧客の申請支援ができるようになります!

アドバンスドタックスプランナーに合格された方は、
さらなる上級者向け養成講座として、
<マスタータックスプランナー養成講座>

もご用意しています。
※シニアタックスプランナー養成講座の講師への道がひらけます!

<受講生の活躍フィールド>

◆個人事業主 自分の事業に補助金を取る
ジムのトレーナーが補助金を使って独立を成功させます。
雇われの身と比べると大きな自由を得ますが、
その分、お金も時間も保証がありません。
そこをまさに「補助」するわけです。補助金で。

◆保険営業マン 申請支援で契約を取る
補助金の申請を支援することで、契約を取り、MDRTに返り咲きます。
単価が100万円を超えるような商材なら、保険に限らず、
この営業方法は有効です。
「社長、お金ください」というセールスから、
「社長にお金を受け取って頂く申請を支援します」という
情報提供への進化は、 アポイントと契約数を飛躍的に増やします。

◆ファイナンシャルプランナー セミナー講師になる
主婦でもあるFPがタックスプランナーの資格を取り、
セミナー講師として300万円を稼げるようになるまでの物語です。
理念と稼ぎという両輪があってこそ制度は普及します。
1回10人、1万5千円を、月に1〜2回行うと、
年間ではそのくらいの収入になります。

<理念>

税金を払うだけではなく「受け取り」「使う」ことを表現し、
標語に「そろそろ、税金を使おう」を掲げております。

<社会的背景>

●税金の使い方については、一定の知識水準が必要ですが、
さらに重要なのがモラルです。
もし知識があったとしても、社会の役に立つ、同義に反することは
しないといった一定のモラルが無い限り、正しい使い方はできないでしょう。

●これまでの日本は、使い方は国に委ねて、一般庶民は納税だけする
という社会基盤になっていましたが、戦後数十年が経ち、先進国と
して発展して来たなかで、一般庶民も「大規模施設を造るぐらい
ならば、社会保障を何とかして欲しい」など、様々な意見を持つ
ようになりました。

●また日本人は、震災が起きてもきちんと列を作って並ぶようなモラルを
持ち合わせています。

経済発展・教育水準・モラルの3つが揃っている日本だからこそ、
国に任せなくても、我々が主体的に税金を使うことも十分可能です。
国もそれを期待している証拠に、20兆円ものお金を民間に渡し、
「使い方は皆さんで考えてください」というスタンスをとっているのです。

<目的(夢)>

補助金制度は、日本独自の制度!
経済発展と知的・モラル水準が高くないと成り立たない制度。
この世界に誇れる補助金・助成金制度を
日本発で世界に広めて行けたら、
日本が21世紀の税制を作りましたというストーリーに!

ロマンあると思いませんか?

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。