キャリア形成促進助成金に対するキャリアコンサルティングの受付を開始いたしました。

Share Button

a0002_001989

キャリア形成促進助成金に対するキャリアコンサルティングの受付を開始いたしました。
従業員に対し、キャリアコンサルティングを実施すると事業主が助成金を受け取ることが出来ます。
しかし、実施できるのはキャリアコンサルタントのみとなります。
Colorfreee(カラフリー)では従業員様へ対し、キャリアコンサルティングを実施致します。

 

キャリア形成促進助成金とは・・・?

労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、職業訓練を実施する事業主に対して助成する制度です。

昨年度で企業内人材育成推進助成金」が終了しました。

それに代わって平成28年4月1日にキャリア形成促進助成金・制度導入コース」がスタート致しました。

以下が以前実施されていた「企業内人材育成推進助成金」と「キャリア形成促進助成金・制度導入コース」との変更点となります。

 

①対象労働者の変更

以前は雇用保険被保険者であれば、有期契約労働者、無期契約労働者共に制度の適用対象となっていましたが、以下のように変更になりました。

以下引用(「キャリア形成促進助成金活用マニュアル(制度導入コース・事業主版)」p3より)

*****************************
雇用保険法第4条に規定する被保険者のうち、以下の者を除いた者。
・有期契約労働者(期間の定めのある労働契約を締結する労働者)
・短時間労働者(短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(平成5年法律第76号)第2条に規定)
・派遣労働者(労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律(昭和60年法律第88号)第2条に規定)
*****************************

つまり、ほぼ正社員の方が対象となっています。

②制度の変更・創設

以前の制度と変更、更に新たに創設されたものがあります。

〇助成金の対象となる人材育成制度

次の5つの助成メニューを、組み合わせて活用することができます。

①教育訓練・職業能力評価制度
②セルフ・キャリアドック制度
③技能検定合格報奨金制度
④教育訓練休暇等制度
⑤社内検定制度

各制度で中小企業50万円・中小企業以外25万円助成されます。
仮に5つの制度をすべて導入した場合、250万円の助成金が出るのです!

〇適用人数

導入・適用計画届提出時における企業全体の雇用する被保険者数に応じて最低適用人数以上の人数を適用します。

雇用する被保険者数      最低適用人数

・50人以上 ・・・・・・・・・・5人

・40人以上50人未満・・・・・・・4人

・30人以上40人未満・・・・・・・3人

・20人以上30人未満・・・・・・・2人

・20人未満 ・・・・・・・・・・1人

※「雇用する被保険者数」「最低適用人数」は、有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者を除いた人数になりますので、正社員が中心となります。(東京労働局確認済み)

※実施助成はありません。

 

③セルフ・キャリアドック制度の創設

セルフ・キャリアドック制度が創設されました。
従来の「キャリア・コンサルティング制度」と何が違うのでしょうか?

下記の点は気になります。

以下引用(「キャリア形成促進助成金活用マニュアル(制度導入コース・事業主版)」p66より)

*****************************
助成金の対象となるセルフ・キャリアドック制度は、労働者に、ジョブ・カードを活用したキャリアコンサルタントによるキャリアコンサルティングを、定期的(労働者の年齢・就業年齢・就業年数・役職等の節目)に提供する制度です。
*****************************

⇒「定期的(労働者の年齢・就業年齢・就業年数・役職等の節目)に」とあります。

つまり、1回で終わらせず、定期的にコンサルティングを行う必要があります。

定期的なコンサルティングの例

≪パターン1≫ 一定間隔に定期実施
・毎年12月に実施

≪パターン2≫ 人事異動などに併せて実施
・人事評価・業績評価の面接時に併せて実施
・人事に関する本人希望などのヒアリングと併せて実施
・人事異動の前後に実施
・ 昇格の前後に実施

などなど・・・

④支給申請時期の変更

以前は、キャリアコンサルタントを受けた日や、評価実施日の翌日から2ヶ月以内でしたが、新制度は6ヶ月待たないと支給申請ができないということになりました。

 

⑤教育訓練休暇等制度の創設

教育訓練休暇等制度が創設されました。

事業主が従業員に対し「休暇」を与えたり、「勤務時間の短縮」を実施したりして、従業員の方が、教育訓練、職業能力検定、キャリアコンサルティングを受けやすくする制度です。

以下厚生労働省の活用マニュアルです。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/280401m1_3.pdf

 

実施料金
8,000円(従業員1人あたり、実施時間は1人1時間)
お申し込みお問い合わせはこちら

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。