補助金・助成金申請

Share Button

_shared_img_thumb_N695_ichimanensatu_TP_V

補助金や助成金という言葉について聞いたことがあるかたはいらっしゃると思います。
しかし、その実態については知らないかたも多いのではないでしょうか?

「補助金」「助成金」とは、
事業者をサポートするための返済不要のお金のことです。

では「補助金」と「助成金」の違いとは何でしょう?

「補助金」は経済産業省の管轄であり、「助成金」は厚生労働省の管轄ということです。

しかし、どちらも共通して返済不要の事業資金であることは変わりありません。
もし採択されて返済不要の事業資金が手に入るとしたら、貴社にとって全てが利益となります。

ぜひ資金調達の一つの方法として、「補助金」や「助成金」を利用されることをお勧めします。

※助成金に関してはこちら

 

どんな補助金や助成金があるの?
17703_説明会画像2

補助金は経済産業省の管轄であるためやはり産業振興目的で公募されています。
代表的なものは「ものづくり補助金(上限補助額1,000万円〜3,000万円)」や創業者のための「創業補助金(上限金額200万円)」、小規模事業者様が販促費に利用できる「小規模事業者持続化補助金(上限金額50万円)」などが挙げられます。国だけではなく、地方自治体が公募している場合もあり、年間3,000種類あると言われています。メジャーな補助金は3月〜5月頃に集中して出るので、それまでに事業計画をきちんと準備しておく必要があります。また、小規模事業者持続化補助金については2次募集や3次募集がある場合が多く、年間を通じて狙い目です。

助成金については厚生労働省の管轄であるため、社員の採用やキャリアアップなどの目的で公募されています。契約社員や派遣社員を正社員へ雇用契約を変換する場合にもらえる「キャリアアップ助成金」などが有名です。

補助金についてはほとんどの申請で「事業計画書」が必要となってきます。また、助成金についても時折「事業計画書」が必要な場合があり、そういったケースで申請が必要な場合、採択されるにはやはり「コツ」があります。

また、特に公募期間については3ヶ月から、短いと3日間という期間が設定してあり、公募が開始されてから自社で申請するとなるととてもじゃないけど間に合わないケースが多々あるのです。

そこで、Colorfreee(カラフリー)では、自分で申請される方向けに、

補助金申請前に予め補助金申請書の書き方の基礎を学ぶ講座を開催しております。

申請代行ももちろん行っておりますが、申請代行ですとどの代行業者も、着手金20万円+成功報酬20%という料金が平均的です。

しかし、私たちの補助金申請書の講座では約1日で書き方の基礎を学ぶことが出来、且つ料金が32,400円(税込)と格安です。自分で書けるようになるとしたら、会社のスキルや財産となり得ます。

お気軽にお申込み、お問い合わせくださいね。
また、都内を中心に補助金説明会を行うことも可能です。お気軽にご連絡ください。だいたい1時間程度になります。

 

補助金申請書作成代行について

基本的に着手金20万円+成功報酬20%にて承ります。(採択された場合、成功報酬の20%から着手金の20万円を引かせて頂きます)
ただし、創業補助金や小規模事業者持続化補助金に関しては、補助の上限金額が低いため、
別途ご相談くださいませ。

 

補助金申請書を自分で書けるようになる講座

時間:1日(約7時間です)
料金:32,400円(税込)

補助金の申請書がご自身で書けるようになる講座を東京を中心に行っております。
補助金の基礎から、補助金の種類、審査のポイント、どこに何を記入すればいいのかなどポイントをご説明いたします。
ご依頼の方の日程に合わせて開催しております。ご希望の方はお問い合わせフォームからお気軽にご連絡くださいね。

※上記日程や場所以外でも説明会や講座開催のリクエストを承りますので、お気軽にお問い合わせください。
首都圏を中心に補助金説明会も承ります。また、出張講座開催も行なっております(^^)
過去には外資系保険会社様にて出張講座を開催させていただきました。

※士業の方の補助金申請書作成代行も承っております。名刺には「補助金・助成金申請代行」と記載しているのに、実際はできなくて困っていらっしゃいませんか?そのような方の作成代行も承っております。代金につきましては、成功報酬を折半させていただく形になります。お気軽にお問い合わせください。

受講者の声

 

 

 

 

 

吉田さんは、小規模事業者持続化補助金が無事採択されました。
首都圏近郊の某自治体です。

 

補助金Q&A

Q. どんな補助金があるの?

A.  代表的な補助金は、新しい製品やサービスの開発に利用できる「ものづくり補助金」、創業時に利用できる「創業補助金」、小規模事業者が販促費に利用できる「小規模事業者持続化補助金」などです。しかし、補助金は年間3,000種類あると言われており、自社に合う補助金が何かしらあると言われています。

Q. 補助金は法人でなければ申請できないのでしょうか?

A. そんなことはありません。個人事業主の方でも申請できますし、創業補助金等は創業予定なら会社員でも申請できます。

Q. 補助金申請に締め切りはあるのでしょうか?

A. あります。公募期間が2ヶ月程度のものから早いと3日間のものまであります。そのため、直前に慌てて申請書を書き始め、間に合わなかったということが多々有ります。主に2月から5月にかけて公募しているものが多いですが、どの募集も事業計画書が必要なので予め準備が必要です。

 

お申し込みお問い合わせはこちら

 

キャリア形成助成金コンサルティングについてはこちらから